21_21 DESIGN SIGHTの企画展『単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?』に、THE GUILDの奥田が菅 俊一氏との共作で出展しました。

『命の単位 ゾウ・ヒト・ネズミの鼓動』は、動物の種類によって異なる命の長さを、鼓動の回数という単位によって視覚化したインスタレーション作品です。ゾウの鼓動はよりゆっくりと、ネズミの鼓動はより速く、映像と音と聴診器型振動デバイスが鼓動に同期することで、色々な動物の命を、視覚・聴覚・触覚を通じて身体的に体感することができます。

 

Direction + Video + Text: Syun’ichi Suge
Development + Device + Sound: Yukiya Okuda (Shouwakiden Inc.)

created for Exhibition “Measuring – This much, That much, How much?” at 21_21 DESIGN SIGHT, 2015
(Photo: Keizo Kioku)