TOYOTAのコネクティッドカー向けアプリ「MyTOYOTA」のUX/UI設計・デザインをTHE GUILDがお手伝いさせていただきました。

さまざまな車種のサポートや、グレードや装備による機能の違いに対応するため、仕様のヒアリングから詳細設計まで多くの時間と労力を必要とする、非常にチャレンジングなプロジェクトとなりました。

開発初期フェーズでは複数のプロトタイプを開発して、UI設計のチェックやインタラクションの手触りやフィージビリティを検討を行いました。プロトタイプのネイティブサンプルコードを開発ベンダーに提供することで、開発効率をスポイルせずに、インタラクションがデザイナーの想定どおりに動作する実装を実現しています。

テキストやワーディングもUXを担う重要なパートです。プロジェクトの規模の大きさがゆえに、クライアント内のさまざまな部署からテキスト素材が支給されましたが、ライターさんにご協力いただきながら、一貫したボイス&トーンのライティングとなるようディレクションを行いました。

デザインの一貫性と品質を保つため、デザインシステムの構築やデザインのバージョン管理の導入など、デザインマネージメントにもフォーカスしています。ファイルは開発ベンダーにもリアルタイムで共有され、デザインと開発間のシームレスな環境を構築しています。

Client: TOYOTA
Creative Management, UX/UI Direction: Satoshi Omiya (THE GUILD, webtron Inc.)
Design: Satoshi Omiya, Rui Suzuki (THE GUILD, webtron Inc.)
UX Writing: Toru Izumoi (Tokyo Peninsula), Satoshi Omiya, Rui Suzuki
Prototype Development: Kenji Wada / Niwayama Naomoto (THE GUILD, Alpha Version Inc.), Kazuki Miura (THE GUILD, MoneySmart Inc.)
Development: Fenrir Inc.